借家を出て行くこと

「●●日後にアパートを取り壊す(立て直す)から、立ち退いて欲しい」と大家さんに宣告された場合、立ち退きが必要となります。
大家は住人の居住に関する決定権を持っているため、意図的に住人を立ち退かせ、居住を断る事が可能です。
理由として、他の住人の安全の確保や、資金繰りの都合、物件としてのアパートの価値保存などがあります。
ただし、多くの場合、住居者の都合を勘案し、一定の工面がされます。


借家人は、その地域に限らず、好きな地域に居住できます。
しかし、アパートの持ち主は、アパートの近くに住居を構えておられるか、そのアパートに住んでおられるため、自由な転居が難しいと考えられます。
借家人と大家では、立場が違うと言えます。


立ち退きの理由には、周辺の道路開発や、土地や建物の売却、住民による騒音などがあります。
居住者責任での立ち退きの場合、補償金は支払われず、費用を請求される事もあります。
周りの方が安心して居住できるよう、マナーを守りましょう。


道路開発などが行われる際、該当地域にお住まいのアパートが指定されている場合、立ち退きが必要となります。
原則として、地方自治体はそのアパートの持ち主と交渉を行います。
居住者は移転に関する責任を負うことはありませんが、立ち退きも念頭において、迅速に行動しましょう。
立ち退きが決まってから、実際に退居するまでには、必ず猶予期間があります。
土地の再開発などが行われている場合、同一地域内に商業ビルや一戸建て、マンションなどが立ち並ぶこともあり、その地域内での引越は困難となります。
遠くの地域に引っ越すか、近隣地域における空き部屋の確保などを検討しましょう。


≪Special Link≫
借地権付きの家や不動産の売買について無料で相談出来るサイトです ⇒ 借地権 売買